私たちは、裁判員裁判が始まり、刑事裁判に国民が参加することによって、これまでの非常識な裁判を変える契機となり得ると考えています。

東京都渋谷区の法律事務所|桜丘法律事務所

ご相談予約はお気軽にどうぞ 03(3780)0991

裁判員裁判

桜丘法律事務所 トップ裁判員裁判今なぜ裁判員裁判なのか?

今なぜ裁判員裁判なのか?

絶望的な刑事裁判を変える契機に

2009年5月、いよいよ裁判員裁判が始まります。私たちは、刑事裁判に国民が参加することによって、これまでの非常識な裁判を変える契機となり得ると考えています。

これまでの刑事裁判は、絶望的な状況でした。いったん逮捕・勾留されると、毎日のように取調が続きます。否認すると、「罪証隠滅のおそれがある」として釈放してもらえません。いったん認めてしまうと自白調書が作成され、後から否認しても信じてもらえません。こうして刑事裁判の有罪率は、99%以上となっています。
99%以上の有罪率ということは、100人のうち無罪になるのは1人もいない、ということです。そのため裁判官は有罪の判決を言い渡すことに慣れています。被告人が否認しても、どうせ嘘をついているのだろうと思ってしまいがちです。なかなか被告人の言い分を真剣に聞いてくれません。

しかし裁判員は違います。はじめての裁判ですから、被告人の言い分を真剣に聞いてくれます。真剣に言い分を聞いて、常識的な判断をしてくれるはずです。私たちは模擬裁判の経験を通じて、市民の常識を信頼しています。裁判官だけの裁判よりも、裁判員が参加した裁判の方が信頼できると考えています。

よりよい刑事裁判のために

これまで、私たちは刑事事件のスペシャリストである神山啓史弁護士を中心に、刑事事件に積極的に取り組んできました。司法修習生や若手弁護士を対象にした神山ゼミを開催したり、模擬裁判や弁護士会の研修の講師を積極的に担ってきました。
市民のみなさん、この国の刑事裁判をよりよいものにするために、この社会を自由で公正なものとするために、力を貸してください。お願いします。

桜丘法律事務所案内図»

渋谷はJR(山手線 埼京線 湘南新宿ライン)、東京メトロ(銀座線 半蔵門線 副都心線)、私鉄(東急東横線 東急田園都市線 京王井の頭線)とアクセスに恵まれています。大田区や世田谷区、品川区、また川崎市や横浜市の方々のご相談もお待ちしています。

このページの先頭へ

関連サイト
日本弁護士連合会
第二東京弁護士会
大宮法科大学院大学
N-system
トミーの弁護士日記
監獄人権センター

東京都渋谷区の法律事務所「桜丘法律事務所」です。法律相談・刑事事件の弁護をご希望の方は、お気軽にお問い合わせください。

〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町17-6 渋谷協栄ビル7階
TEL:03-3780-0991 / FAX:03-3780-0992