東京都渋谷区の法律事務所「桜丘法律事務所」の所属弁護士「神山 啓史」が、過去に取り扱った事件をご紹介いたします。

東京都渋谷区の法律事務所|桜丘法律事務所

ご相談予約はお気軽にどうぞ 03(3780)0991

弁護士紹介

桜丘法律事務所 トップ弁護士紹介神山 啓史過去に取り扱った事件

現在取り組んでいる事件

神山啓史 弁護士

東電OL事件再審無罪

1997年に東京都渋谷区円山町の木造アパートで、女性の死体が発見されました。警察は、アパートの隣のビルに住んでいた、ネパール人のゴビンダ・プラサド・マイナリさんを出管法違反の容疑で逮捕します。ゴビンダさんは無実を訴えましたが、強盗殺人容疑で再逮捕され、起訴されてしまいました。
それでも、一審の東京地方裁判所は、無罪の判決を言い渡しました。しかし、検察官の控訴により、東京高等裁判所が無罪の判決を破棄し、無期懲役の判決を言い渡します。そして、最高裁判所でも、ゴビンダさんの上告は却下され、無期懲役の判決が確定してしまいました。現在、日弁連の支援を受けて、再審請求をしています。
平成24年6月7日、東京高等裁判所において、再審開始決定が下されました。同時にゴビンダさんに対する刑の執行停止も命じたため、ゴビンダさんは釈放され、ネパールに帰国することができました。同年11月7日、再審により無罪が確定しました。

関連サイト

名張毒ぶどう酒事件再審請求中

1961年に三重県名張市の小さな村落で起きた事件です。公民館で行われた懇親会で振る舞われたぶどう酒に農薬が混入していたため、5人が死亡し、12人が中毒症状を起こしてしまいました。
ぶどう酒を購入し運搬していた3人の村人が疑われ、そのなかの一人である奥西さんが警察に逮捕されてしまいました。
奥西さんは身に覚えのない容疑を否認しましたが、長時間の取り調べや、警察に監視されるのに耐えられず、嘘の自白をしてしまいました。そしてそのために起訴されてしまったのです。
それでも一審の津地方裁判所では無罪判決が言い渡されました。しかし控訴審の名古屋高裁はこれを破棄して、死刑判決を言い渡します。そして最高裁判所が上告を棄却したため、死刑判決が確定していまいました。現在、日弁連の支援を受けて再審請求中です。
第七次再審請求を受けて、2005年に名古屋高裁は再審開始を決定しました。しかし検察官が異議申立てを行い、名古屋高裁がこれを取り消し、再審請求を棄却する決定をしました。これに対して、2010年4月、最高裁判所が棄却決定を取り消し、名古屋高裁に審理を差し戻しました。

関連サイト

足利事件再審無罪

1990年に栃木県足利市内のパチンコ店から、当時4歳の女の子が行方不明になり、近くの河川敷で遺体となって発見された事件です。警察は、DNA鑑定を根拠に菅家さんを逮捕します。菅家さんは、身に覚えのない容疑を否認しましたが、耐えかねて犯行を認める自白調書に署名してしまいました。
裁判では無実を訴えましたが、第一審はDNA鑑定の信用性を認めて無期懲役の判決を言い渡します。控訴審、最高裁でも、菅家さんの訴えは退けられ、無期懲役の判決が確定してしまいました。しかし、2009年にDNA再鑑定の結果、菅谷さんは犯人でないことが明らかになり、再審開始が決定されました。
2010年3月、宇都宮地方裁判所は菅谷さんに無罪の判決を下し、裁判官が謝罪しました。

関連サイト

戻る

桜丘法律事務所案内図»

渋谷はJR(山手線 埼京線 湘南新宿ライン)、東京メトロ(銀座線 半蔵門線 副都心線)、私鉄(東急東横線 東急田園都市線 京王井の頭線)とアクセスに恵まれています。大田区や世田谷区、品川区、また川崎市や横浜市の方々のご相談もお待ちしています。

このページの先頭へ

関連サイト
日本弁護士連合会
第二東京弁護士会
大宮法科大学院大学
N-system
トミーの弁護士日記
監獄人権センター

東京都渋谷区の法律事務所「桜丘法律事務所」です。法律相談・刑事事件の弁護をご希望の方は、お気軽にお問い合わせください。

〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町17-6 渋谷協栄ビル7階
TEL:03-3780-0991 / FAX:03-3780-0992