東京都渋谷区の法律事務所「桜丘法律事務所」へ寄せられたご相談「遺言と遺留分について」の回答です。

東京都渋谷区の法律事務所|桜丘法律事務所

ご相談予約はお気軽にどうぞ 03(3780)0991

よくあるご相談

桜丘法律事務所 トップよくあるご相談遺言と遺留分について教えて下さい。

遺言と遺留分について教えて下さい。

回答者
櫻井 光政
櫻井 光政
櫻井弁護士のプロフィールはこちら

例えば3人の子ABCが父親の遺産を相続するとします。母親は既に亡くなっています。この場合、法定相続分はそれぞれ3分の1ずつとなりますが、仮に父親が長男Aに全ての遺産を相続させる旨の遺言をしていたらどうなるでしょうか。BCが異議を唱えなければ遺産は全てAの物になりますが、BCは遺留分の主張をすることができます。被相続人の兄弟姉妹以外の相続人は遺留分として法定相続分の2分の1の権利を主張することができます。従って、BCはそれぞれ父親の財産の6分の1を求めることができるのです。但し遺留分減殺の請求は遺留分の侵害の事実を知ってから1年以内に行使しなければなりませんから注意が必要です。とりあえず遺留分減殺請求の通知を出し、時効を中断させることが重要です。その後、調停・訴訟などの手段で財産の取り戻しなどをすると良いでしょう。

(内容証明郵便で遺留分減殺通知を出す場合の弁護士費用は4万円です。)

一覧へ戻る

他にも様々な相談をお受けしています。
ご質問・ご相談は【TEL】03-3780-0991もしくはお問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。

桜丘法律事務所案内図»

渋谷はJR(山手線 埼京線 湘南新宿ライン)、東京メトロ(銀座線 半蔵門線 副都心線)、私鉄(東急東横線 東急田園都市線 京王井の頭線)とアクセスに恵まれています。大田区や世田谷区、品川区、また川崎市や横浜市の方々のご相談もお待ちしています。

このページの先頭へ

関連サイト
日本弁護士連合会
第二東京弁護士会
大宮法科大学院大学
N-system
トミーの弁護士日記
監獄人権センター

東京都渋谷区の法律事務所「桜丘法律事務所」です。法律相談・刑事事件の弁護をご希望の方は、お気軽にお問い合わせください。

〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町17-6 渋谷協栄ビル7階
TEL:03-3780-0991 / FAX:03-3780-0992